京都の感動エンターテイメント
ギア-GEAR-

MENU Language

新型コロナウイルス感染症拡大防止策の実施について

更新

トピック

公演再開にあたり『ギア』では下記の感染症拡大防止策を実施いたします。

①「密集」対策について
客席を全面的に改装し、席数を大幅に削減(約3割減)することで、座席同士の間隔を広げております。
また当面の間は、本来の劇場キャパシティ(120席)の半数以下の収容人数に制限しております。
さらに、少しでも安心して公演をお楽しみいただけるよう、各座席の間には飛沫防止用パネルを設置いたしました。

②「密閉」対策について
当劇場は、興行場としての認可を受けており、保健所による換気基準をクリアしております。
また、随時換気設備を稼働させ、外気を取り入れるなど適切な換気・湿度の調整を行っております。
これに加え、公演前後および公演中には窓・扉を開放しての換気を徹底し、更なる対策に努めております。

③「密接」対策について
当公演は「ノンバーバル」であり、劇中にセリフを発することはありません。
そのため、出演者からお客さまへの飛沫リスクは極めて低い状況です。
また、接客担当スタッフにはマスクの着用を義務付けております。
加えて、出演者がお客さまと接触するシーンにつきましては全て演出変更を行い、接触が無いように改訂いたしました。

④ 体調不良者の早期発見策について
毎朝、全出演者およびスタッフの検温を行い、健康状態の確認を行っております。
加えて、お客さまのご入場時、サーモカメラによる体温測定を行います。
体温の高いお客さまはご入場をお断りする場合がございますので、あらかじめご了承ください。


また、ご来場前の段階で、熱がある、または高齢や持病などで感染による重篤化のリスクが高いと判断される場合は、ご来場をお控えください。
このような場合は、原則、ご来場日程の振替にてご対応させていただきます。
振替手続きにつきましては、下記メールフォーム、またはお電話にて受付いたします。お電話の際には、お手元にご購入済みのチケットをご用意の上、ご連絡ください。
なお振替のご対応は、ご来場予定公演の【開演1時間前まで】にご連絡いただいた場合に限ります。指定時刻を過ぎてからのご対応はできかねますので、ご了承ください。

■メールフォーム
https://form.run/@ticket2(※チケット販売開始以降に確認可能となります)

■電話
ギア公演事務局
0120-937-882(通常受付時間 10:00-19:00)

⑤ その他の対策
公演前後の次亜塩素酸ナトリウムによる劇場内手すり等の消毒および配布用ゴーグルのアルコール消毒、また劇場内へのアルコール消毒液の設置を行っております。


また、感染拡大防止にはお客さまからのご協力も非常に重要になってまいります。
ご来場の際には以下の点にご留意いただけますと幸いでございます。

◎お客さまへご協力のお願い
・発熱や咳等の症状があるお客さまは、ご来場前に医療機関にご相談くださいますようお願いいたします。
・ご入場時にはマスクの着用、手指の消毒へのご協力をお願いいたします。
・会場内各所にアルコール消毒液を設置しております。こまめな手指消毒にご協力をお願いいたします。
・お手洗いには石鹸と消毒用アルコールを設置しておりますので、ぜひご利用ください。
・咳やくしゃみをする際は、マスク、ハンカチ、ティッシュ、上着の内側や袖などで口を覆う「咳エチケット」にご協力ください。
・飛沫防止の観点から、歓声はお控えいただきご鑑賞いただくようお願いいたします。ぜひ拍手や手拍子などを用い、公演をお楽しみください。
・終演後、お帰りの際の混雑を避けるため、順次ご退場いただきます。詳細につきましては、会場アナウンスにてご案内いたします。

▶入場について

新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、整列入場をお願いしております。安全にご入場頂くため、ご来場される皆様のご協力をお願いいたします。

▶︎差し入れについて
新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、当面の間は関係者(出演者・スタッフ共)へのプレゼントや差し入れ、ファンレターなどのお受け取りは控えさせていただきます。受付でのお預かりや、スタッフ経由でのお渡しもご遠慮いただきますので、予めご了承ください。

▶追跡アプリ登録のお願い
政府からの要請により、万が一新型コロナウイルスに感染された方がご観劇された場合に、同一公演のその他のお客様に対して確実に連絡が取れるよう、下記にご登録いただきますようお願い申し上げます。

厚生労働省「新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)」

京都府 新型コロナウイルス緊急連絡サービス「こことろ」


関係者一同、皆さまにお会いできることを心より楽しみにしております。
今後ともご支援の程、何卒よろしくお願いいたします。

ニューストップページに戻る