京都の感動エンターテイメント
ギア-GEAR-

キャスト

  • マイム
  • ブレイクダンス
  • マジック
  • ジャグリング
  • ドール
マイム

いいむろなおきNaoki Iimuro

マイム俳優

フランス・パリ市マルセル・マルソー国際マイム学院卒業。ニデルメイエ国立音楽院コンテンポラリーダンス科最上級クラス首席卒業。1998年、拠点をフランスから日本に移し、「いいむろなおきマイムカンパニー」の名称で活動開始。舞台公演、ワークショップや外部指導、マイム演出、海外フェスティバルへの参加等、幅広く活動中。
スタイリッシュで洗練されたスピード感あふれる舞台をテーマとしながら、常に笑いを忘れない作風は、まさに「関西生まれのおフランス育ち」。
2005年 文化庁新進芸術家海外留学制度研修員
2009年 文化・芸術のオリンピック「第3回世界デルフィックゲーム大会」即興マイム部門金メダリスト
2011年 兵庫県芸術奨励賞受賞

Photo by Yoshikazu Inoue

岡村渉Wataru Okamura

マイム俳優

大阪芸術大学芸術学部美術学科卒業。
海外で観たストリートパフォーマンスがきっかけでマイムに興味を持ち、2008年よりいいむろなおき氏に師事。
2012年よりいいむろなおきマイムカンパニーの舞台作品や学校公演に出演。
舞台公演を中心にマイム俳優として活動を行う中で、もっと気軽にマイムを楽しんでもらえる機会を作りたいと考え、2014年から『WAO!!パントマイムコメディ』としてストリートパフォーマンスを開始。
たくさんの人にマイムの楽しさと魅力を伝えていきたいと願い、様々な場所で表現活動を行っている。

Photo by Yoshikazu Inoue

谷啓吾Keigo Tani

マイム俳優

大阪芸術大学芸術学部舞台芸術学科卒業。
卒業後は主に関西の小劇場を中心に俳優活動を行い、自ら脚本・演出・プロデュースなども手掛ける。
表現の幅を広げるべくマイム俳優いいむろなおきに師事。
現在ではマイム作品への出演をはじめ、舞台芸術を中心に映画やTVドラマに出演。活動の幅を広げている。

Photo by Yoshikazu Inoue

大熊隆太郎Ryutaro Okuma

マイム俳優

関西小劇場で舞台俳優をしながらも、マイム作品での海外公演やいいむろなおきマイムラボセカンドへの参加、ダンスイベントの出演など、身体表現を用いて幅広く活動している。
また自身が代表を務める劇団「壱劇屋」では脚本・演出も担当し、マイム表現を混合した演劇作品をつくる。
DANCE COMPLEX 2008審査員特別賞。ロクソドンタ演劇祭2010優勝。應典院舞台芸術祭space×drama2012優秀劇団。

Photo by Yoshikazu Inoue

松永和也Kazuya Matsunaga

マイム俳優

主に関西の小劇場を中心に俳優活動を行う。演劇公演の他、ダンス作品やテレビCM、映画出演など、その活動領域は多岐に渡る。
高校在学中にいいむろなおき氏に出会い、パントマイムの魅力を知る。卒業後より同氏に師事。「いいむろなおきマイムラボ・セカンド」への参加や、マイム公演「ザ・マイムアワー」出演など、マイム表現の可能性を日々探求している。
その端正な顔立ちとコミカルな演技とのギャップを武器に、急成長を続ける若手注目株である。

ブレイクダンス

HIDE

ダンサー

ドイツで開催されたブレイクダンスの最も大きく歴史のある世界大会「Battle of The Year International」で2007年度にてショーケース部門優勝という成績を残す。国内外のダンス大会で優勝経験多数。そして世界最大級のストリートダンスコンテスト「JAPAN DANCE DELIGHT」vol.15,16と2年連続でオープニングアクトとして出演。また『しょぎょーむじょーブラザーズ』として Toshi-Rock と共に大阪を中心に全国各地でストリートパフォーマンスを行っている。日本でも数少ないシルク・ドゥ・ソレイユ登録ダンサー。

※現在、自身の活動に専念するため『ギア』への出演は長期お休みしております。

Photo by Yoshikazu Inoue

KATSU

ダンサー

日本が世界に誇る『一撃』の主要メンバー。
『一撃』としてブレイクダンスの世界大会である『Battle of The Year』の日本代表として2002年、2005年に出場し2005年度にはショー部門で優勝、バトル部門では2位と名実共に世界トップレベルとなる。その他国内外において優勝経験多数。
現在はブレイクダンスを原点にジャンルレスなBODY ARTISTとして活動し、舞台公演などストリートシーン以外での活動も精力的に行っている。バレエダンサーやコンテンポラリーダンサーと共に、実験的アーティスト集団『ALPHACT』でも活動中。
また、DIGITAL GROOVE ROCK BAND『1.G.K』ではボーカルやプログラマー兼プロデューサーとしても活動。LINKIN PARK 『the catalyst』Remixコンテストにて日本人初,TOP10受賞。ダンスとROCK BANDの新しい融合を試み、日本のみならず世界から評価を受け、CMソングなどを手がけ著名なアーティストとも多数共演している。

Photo by Yoshikazu Inoue

達矢TATSUYA

ダンサー

ダイナミックな動きからスタイリッシュな動きまで、何でもこなすオールラウンダー。
世界一を決めるブレイクダンスの大会『Battle of The Year』その日本大会において2008年-2位・2010年-2位の成績を収める。ダンス界において知らない人はいない世界最大のストリートダンスコンテスト『JAPAN DANCE DELIGHT』各地の予選を勝ち上がり2009年. 2010年 ともにFINALISTに選ばれる。
その他イベントで優勝経験多数。スクール講師も務める。

Photo by Yoshikazu Inoue

YOPPY

ダンサー

日本が世界に誇る『一撃』の主要メンバー。世界最大のブレイクダンスの大会『Battle of The Year』その日本大会においてベスト4の成績を収める他、ブロンクスnight 3on3優勝、UK B-Boy Championships Japan Final二年連続ベスト16など、数々の賞歴を誇る。ダイナミックでパワフルな動きや、繊細なステップワークなど、様々なスタイルを得意とする。現在はダンスバトルの審査員やダンスイベントのMCも務め、多岐にわたって活躍している。

Photo by Yoshikazu Inoue

たっちんTatchyn

ダンサー

高い身体能力を活かした瞬発力とスピードを武器に、スキルフルな技を取り入れた独創的なムーヴで観るものを魅了する。
世界で最も大きなブレイクダンスの大会の一つである『Battle of The Year』2014年大会において、日本予選優勝、World Finalベスト4という輝かしい成績を収める。
その他、R-16日本予選2年連続優勝(2013、2014)、同World Finalショー部門1位、バトル部門2位(2013)、IBEチームバトル優勝(2010)など、国内外問わず数々の賞歴を誇る。
現在は様々なダンスイベントに出場しながらインストラクターやイベントのゲストダンサー、ジャッジを務めるなどマルチな活躍を見せている。

Photo by Saori Kawanishi

ワンヤン

ダンスアクロバットアーティスト

14歳で中国国家雑技団に入団し、チャイニーズポール・フープダイビング・アクロバット・シーソーなどを担当。18歳でオランダのサーカス専門学校の講師に抜擢される。その後はヨーロッパで数々のイベントやショーに出演。
2014年に来日してからは、忍者ショーやテーマパーク、各種イベントでのパフォーマンスから、アクロバットやカンフーの講師まで、幅広く活動している。

Photo by Yusuke Otsuki

マジック

新子景視Keishi Atarashi

マジシャン

幼少の頃に目の前で観たカードマジックに魅せられ、独学でマジックを学び始める。
関西大学社会学部を卒業後、世界的に有名なマジック専門会員制クラブのメンバーとなり、プロマジシャンとしてのキャリアをスタートさせる。観客の目の前で行うクロースアップマジックから、大掛かりなイリュージョンまで、幅広いジャンルのレパートリーを持つ。中でも最も得意としているのは、人の脳に潜り込み、本人しか知り得ない情報をダイレクトに読み取るという、全く新しいスタイルのマジックで、自ら「ブレインダイブ」と命名し、各方面で注目を集めている。
近年では、ゴールデンタイムの特別番組を含むテレビなど、様々なメディアでも技を披露する一方、映画・舞台でのマジック監修など多方面において活躍の場を広げている。

山下翔吾Shohgo Yamashita

マジシャン

映画監督を目指し京都造形芸術大学映画学科に入学。
在学時にマジックに出会い、映像とマジックを融合させた作品の制作を続ける。
大学卒業後、マジシャンとして上京しようと決意した直後に『ギア』への出演が決まる。
この舞台を機にプロマジシャンとしての活動をスタート。
近年では舞台の演出家としての活動や、2013年公開の映画 「弥勒」(監督:林海象/主演:永瀬正敏)のマジックシーンの演出など、制作者としても活動の場を広げている。

Photo by Yoshikazu Inoue

橋本昌也Masaya Hashimoto

マジシャン

京都に生まれ、6歳の時にマジックグッズに魅了されたのをきっかけに独学でマジックを学び始める。
17歳で独自に考案したトリックをマジック界に発表したのをきっかけに、パフォーマー&クリエイターとしてのキャリアをスタート。観客の目と鼻の先で行う“クロースアップマジック”や、大勢を前にして舞台上で行う“ステージマジック”等を得意とする。「人の心に残るエンターテイメント」を追い求め、テーブル上から舞台上まで幅広く活動を続けている。
TBS「ワンステップ!」出演。文化庁第26回国民文化祭にて京都特別賞を受賞。

Photo by Yoshikazu Inoue

松田有生Yuki Matsuda

マジシャン

中学生の頃にテレビで見たマジックに衝撃を受け、独学でマジックを学び始める。大学時代より世界的マジシャン・深井洋正&キミカ氏に師事し、卒業と同時にプロデビュー。
「元気に楽しく明るく」をモットーに、テーブルマジックからステージマジックまで幅広いジャンルを得意とする。
福山マジックフェスティバル6分間コンテスト優勝(’16)、同2分間コンテスト優勝(’15)、ICMマジックコンベンション2分間コンテスト第2位(’16)、マジックの祭典in千葉2分間コンテスト第2位(’15)受賞など、確かな実力とフレッシュさを併せ持つ若手の注目株である。

Photo by Yusuke Otsuki

ジャグリング

酒田しんごShingo Sakata

ジャグラー

幼少の頃、街角の大道芸を観たことがきっかけで、ジャグリングに興味を覚える。
10歳より独学でジャグリングを学び、高校在学中の17歳で7ボールジャグリング耐久時間の公式日本新記録を樹立する。
シャープ製スマートフォン「AQUOS Xx2」Webムービー、朝日放送『エンカメ』『LIFE-夢のカタチ-』出演。

Photo by Yoshikazu Inoue

Ren

ジャグラー

14歳でジャグリングと出会い、独学にて技術を習得。2010年にプロデビュー。
中性的なルックスと華奢な身体から繰り出される、様々な道具を使ったパフォーマンスは必見。
中でも、ジャズダンスを取り入れた華麗なディアボロの演技は、唯一無二である。
妖艶な雰囲気と独特な世界観で魅せるショーは観るものを虜にし、日本のみならず世界各国にまで活動の幅を広げている。

Photo by Yoshikazu Inoue

渡辺あきらAkira Watanabe

ジャグラー

スタイリッシュなジャグリングと爽やかな笑顔を武器に、全国各地のイベント、舞台公演、寄席、ジャグリング指導など様々なシーンで活動中。
ユニバーサルスタジオジャパン『ハリウッド・プレミア・パレード』レギュラー出演(2002~2004)や、世界屈指のパフォーマンスフェスティバル『大道芸ワールドカップin静岡』出演をはじめ、コンテスト受賞、メディア出演多数。
2016年には「ももいろクローバーZ 5大ドームツアー『DOME TREK 2016』」出演など活躍の場を広げている。

Photo by Yoshikazu Inoue

深河晃Akira Fukagawa

ジャグラー

アクロバティックな身体表現を取り入れたディアボロの演技を得意とする。
2012年アメリカで行われたジャグリング世界大会(IJA)ファイナリストのほか、台湾やトルコなど、世界各地でパフォーマンスを行う。
シルク・ドゥ・ソレイユ登録パフォーマー。
4ディアボロハイトス公式日本記録保持。

Photo by Yoshikazu Inoue

リスボン上田Lisbon Ueda

ジャグラー

就職面接用の一発芸としてマジックを勉強し始めたが、気がついてみればジャグリングの日本チャンピオンになっていたという異色の経歴を持つ。
タイトル獲得後はプロパフォーマーとして活動し、ジャグリング世界大会(IJA)で決勝に進出する他、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン「ハリウッド・プレミア・パレード」レギュラー出演など、数々のステージで観客を魅了している。
近年では宝塚歌劇団・花組公演「オーシャンズ11」の技術指導や、日伊国際共同制作オペラ「道化師」出演など活躍の場を広げている。
得意技は、バトンテクニックを取り入れたデビルスティックのパフォーマンス。

Photo by Yusuke Otsuki

宮田直人Naoto Miyata

ジャグラー

演劇を経て大学よりジャグリングを始める。
スティック系ジャグリングの大会 “FantaStick” にて優勝・準優勝を経験。
2012年には日本最大のジャグリングの大会 “JJF チャンピオンシップ” にてファイナリストとなる。
自身が代表を務める団体「ジャグリング・ユニット・フラトレス」では、脚本・演出を担当し、ジャグリングを舞台美術として利用した新たなジャンルの作品を創作している。

Photo by Yusuke Otsuki

ドール

兵頭祐香Yuka Hyodo

俳優

2003年カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出品作『沙羅双樹』(監督:河瀬直美)主演に抜擢されデビュー。初々しくも表情豊かな演技で鮮烈な印象を残し、初主演にして第18回高崎映画祭最優秀新人賞を受賞。
2007年より、ウォーリー木下を中心に設立されたパフォーマンス集団「オリジナルテンポ」のメンバーとして活動を始め、2009年世界最大の芸術祭・エジンバラフリンジフェスティバルにて代表作の『Shut up,Play!!』が最高評価の5つ星を獲得。
その後、シンガポール、韓国などアジアでの公演だけでなく、イギリス、ハンガリー、ルーマニアなどを始めとするヨーロッパ各地で公演を行う。
2012年には、スロベニアのダンスカンパニー'BETONTANC'との共同制作を行い、『Audition for life』を発表し、好評を得る。
舞台を中心に、TV、映画など、国内外問わず活動を行う。

Photo by Yoshikazu Inoue

平本茜子Akane Hiramoto

俳優

幼少の頃よりジャズバレエを学び、NYでのダンス留学経験を経て、舞台・ドラマなどで女優として活動。
その身体一杯で表現する天真爛漫な演技は、観る者を魅了する。
出演作品は、ミュージカルや吉本新喜劇、NHK連続テレビ小説など多岐にわたる。
一方で、振付師や脚本家としての才能も併せ持ち、舞台公演のセルフプロデュースなど、マルチな活躍を見せている。

Photo by Yoshikazu Inoue

游礼奈Reina Yu

俳優

大阪芸術大学舞台芸術学科を卒業後、同大学院に首席入学、修士号取得。主にクラシックバレエやコンテンポラリーダンスの舞台で活躍中。
上海万博にて堀内充振付の舞踊作品を踊り高い評価を得るほか、KAORI aliveメンバーとしてロサンゼルスで開催された18th VIBE dance competitionに参加し、第3位受賞。
その他、なかの国際ダンスコンペティション1位入賞など、国内の舞踊創作コンクールにて自ら振付・出演し多数の受賞歴あり。

Photo by Yoshikazu Inoue

佐々木ヤス子Yasuko Sasaki

俳優

神戸大学 発達科学部 人間表現学科卒業。同大学在学中より演劇活動を開始する。
コメディからシリアスな役どころまで柔軟に適応できる演技力には定評があり、主に関西を拠点に活動する劇団やイベント団体から引く手あまたの注目株である。
また、コンテンポラリーダンスやバレエの素養をも併せ持ち、神戸市などが主催する総合芸術祭「神戸ビエンナーレ」において、舞踊家・関典子氏の演出・監修のもと Site Specific Dance Performance #1「GATE」及び#2「KIRA」に出演するなど、幅広いフィールドで活躍している。

Photo by Yusuke Otsuki

中村るみRumi Nakamura

俳優

2歳の頃にバトントワリングと出会い、国内最大級の大会「全日本バトントワーリング選手権大会」では「ダンストワール部門」および「トゥーバトン部門」において3年連続で全国大会進出、また「ソロトワール部門」でも全国大会出場経験を持つなど、数々の賞歴を誇る。
高校在学時には、創作ダンス部のキャプテンとしてチームを束ね「All Japan Dance Festival-KOBE」では ’10年と’11年に連続入選、’13年「NFCC・全国ハイスクールダンスコンペティション」では入賞およびCBC賞受賞を果たす。
神戸大学入学後に演劇活動をスタートし、学内での定期公演では自らが出演する他、演出や振付でも参加。
また、関西の様々な劇団の公演にも出演するなど、精力的な活動を見せている。
バトントワリングと創作ダンスで培った高い身体能力を活かした溌剌とした演技で、演劇界も注目する新進気鋭の若手女優である。

Photo by Yusuke Otsuki

  • マイム
  • ブレイクダンス
  • マジック
  • ジャグリング
  • ドール