京都の感動エンターテイメント
ギア-GEAR-

劇場紹介

劇場紹介

1928ビル

『ギア-GEAR-』会場である1928ビルは、昭和3年(1928年)武田五一氏の設計に
より、大阪毎日新聞社京都支局ビルとして建築されました。
歴史的な建造物が次々と姿を消していく中で、一時は老朽化による解体も心配され
ましたが、建築家・若林広幸氏が買取り、耐震壁を補強するなどして保存されることに
なりました。
そして現在、90年を経た今も建築当時の姿をそのままに残す当ビルは、時間の堆積と
共に、独特の文化的雰囲気を醸し出しています。
中でもアーチ型形状をもつホールは、竣工当時より演劇公演や講演会等、広く市民に
利用され親しまれてきました。
1999年、このスペースが、現代の多様なニーズに対応すべく新しい設備を加え、芝居、
音楽、ダンスなど様々なジャンルに対応したイベントホール「アートコンプレックス1928」となり、新たにオープンしました。
そして、2012年4月からは、『ギア-GEAR-』ロングラン公演の専用劇場となり、
現在に至ります。
『ギア-GEAR-』にご来場の際は、是非会場のレトロな雰囲気もお楽しみください。

1928ビル
1928ビル 1928ビル